FC2ブログ

マンガ・アニメ・アート表現をまもる石川あくしょん準備室

マンガ・アニメ・アート表現を守る活動をします。 石川県を中心に、ネットだけでなくリアルの啓発活動もよていしています。

内田樹さんが、都条例を論破!!

内田樹さんが、ブログ「内田樹の研究室」で、都条例について取り上げました

非実在有害図書
http://blog.tatsuru.com/2010/04/24_1046.php

内田樹さんは、神戸女子学院大学教授、フランス思想研究者だけでなく、昨年の新書大賞を受賞した「日本辺境論」の著者です。
これで、マンガに関心のない層にも都条例などの規制の問題が広がりました

各出版社が、必死に執筆を依頼している内田さんの批判は、各メディアにも影響が広がりそうです。

いぬまるだしっ


ちょっと遅くなりましたが、今週号の週刊ジャンプ連載の「いぬまるだしっ」で都条例がネタになっています

まぁ、「非実在青少年」が、「まるだし」でやってるギャグ漫画なので・・・
内容は結構しっかりとした批判。
これで、都条例にさらに関心が集まってくれるのでは


日刊テラフォーでもこのことが取り上げられました
「延期になれども火はまだ消えず、どうなる現代文化の未来」
http://www.terrafor.net/news_afzwdZh88W.html

大阪府、表現規制へまずはBL狙い撃ちへ


「表現の自由も絶対的でない」と公言した、大阪府橋下知事
いよいよ規制に動きだしました。しかも、標的はBL(ボーイズラブ)
性的志向の差別から反対が少ないと判断か?


大阪府では、18歳未満の青少年を性的対象として扱う図書類等の状況についてまず、
実態把握を行います。把握した実態を検証・分析し、
「大阪府青少年健全育成条例」での規制の必要性等を検討します。
(中略)
■大阪府青少年健全育成条例の現状
○青少年の性的感情を著しく刺激する等、青少年の健全な成長を阻害する
  おそれのある図書類を有害図書類として指定
○図書類の販売業者等は、有害図書類を青少年に販売、貸付、閲覧等させてはいけない
○有害図書類を陳列する場合には、青少年が閲覧等できないように個別包装した上で
  区分陳列しなければならない
  →描かれる対象の年齢区分なし 実在、非実在を問わない
  大阪府の運用状況
  女性向けコミック誌の規制、ボーイズラブの規制検討 (一部抜粋)
http://www.pref.osaka.jp/attach/263/00046758/100325shiryo2.pdf

全国各地のこうした動きには、国で歯止めが必要なのですが・・・
憲法に示された「表現の自由を守る」国会議員が必要ですね

朝日新聞でネットの反対運動が取り上げられました

ミクシィ、ツイッターで拡大 漫画の性描写規制案(朝日新聞)

http://book.asahi.com/clip/TKY201003250286.html

・・マンガなどに登場する18歳未満のキャラクターの性描写を規制する「東京都青少年健全育成条例」の改正案が、都議会で継続審議になる見通しとなった。直前まで成立濃厚とささやかれながら“一時停止”に転換させた要因として、「表現の自由が脅かされる」と訴えた文化関係者らの行動があった。表現規制をめぐる議論がマスメディアの報道に先立って広がった背景には、インターネットの存在もあった。・・・
前のページ