FC2ブログ

マンガ・アニメ・アート表現をまもる石川あくしょん準備室

マンガ・アニメ・アート表現を守る活動をします。 石川県を中心に、ネットだけでなくリアルの啓発活動もよていしています。

GW中にこれだけは

ゴールデンウィークですね
普段忙しい人も、少しでやっておくことができる最小限の活動を紹介します。

都条例意見提出先

民主党東京都連合
club@tokyo.dpj.or.jp

生活者ネット
http://www.seikatsusha.net/postmail/postmail.html

この二つです。
共産党は、はっきりと反対。自治市民も反対です。
自民、公明に対しては意見を言っても変わる可能性が少ないので、キャスティングボードの2党に意見を送りましょう。
余裕のある人は、各議員にも。東京都民の方は、地元選出議員には必須

また、児ポ法反対には、架空創作表現規制禁止の法制化を求める署名 に署名しましょう
http://www.shomei.tv/project-1025.html

Twitterをやっている人は、フォローも追加しておきましょう

藤本由香里 honeyhoney13
https://twitter.com/honeyhoney13

保坂展人 hosakanobuto
https://twitter.com/hosakanobuto

山口貴士 otakulawyer
https://twitter.com/otakulawyer

mixiでは、

東京都青少年育成条例改正案反対
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4884686
全員容疑者!児童ポルノ法案の罠
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3153651

などのコミュニティに入っておきましょう。

ブログやSNSをお持ちの方は、日記やリンクで情報啓発に取り組みましょう

それでは、すてきなゴールデンウィークを
スポンサーサイト



都育成条例の記事一覧

マンガ・アニメの「ポルノ」 キャラクターが18歳未満に見えるとダメ(J-CAST )
http://www.j-cast.com/2010/03/12062216.html
東京都青少年健全育成条例に反対、民間団体と有識者が意見表明
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100312_354355.html
都青少年健全育成条例:改正案 子供への性暴力描写規制、漫画家ら反対表明 /東京(毎日)
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100316ddlk13010263000c.html
「非実在青少年とは何か」 都議会混乱、質疑7時間(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/19/news026.html
表現の自由の萎縮招く 古館都議 青少年条例改定案に反対(赤旗)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-19/2010031915_02_1.html

都条例への反対意見(団体)

●日本ペンクラブ声明
http://www.japanpen.or.jp/statement/penclub/post_219.html

●出版流通対策協議会声明
http://ameblo.jp/ryuutai/entry-10484988268.html

●京都精華大学マンガ学部教授会の意見書
http://info.kyoto-seika.ac.jp/info/docs/press_100315_01.pdf

● 日本図書館協会による要請書
http://www.jla.or.jp/kenkai/20100317.html

● 日本書籍出版協会と日本雑誌協会による都条例改正反対意見書(PDF)
http://toriyamazine.web.fc2.com/rouren.pdf





●出版倫理協議会声明
「東京都青少年条例改正案」に対する緊急反対表明
 平成22年3月17日 出版倫理協議会議長 鈴木富夫



 出版物が青少年に及ぼす影響力は大きく、その社会的責任が重大であることは言うまでもない。出版に携わる者として、青少年の健全な成長を願い、そのための努力が必要であることは、十分認識している。
 しかし、その責任は出版関係者が自主的に負うべきものであり、法的・行政的措置は表現の自由の立場からも慎重に討議され、最小限に留められるべきと考える。
 このような観点から昭和38年に設立された出版倫理協議会では、青少年に見せたくないコミックやグラフ誌に対しては、出版ゾーニングマークをつけたり小口シール止めを施し、書店、コンビニでの区分陳列や対面販売を徹底するなど自主規制に努めてきた。
 しかし、今回示されている条例改正案は、業界のこのような自主規制の努力をないがしろにするものと言わざるをえない。
 当協議会が特に問題と考える点を以下に列記する。
 1.18歳未満と判断される架空の人物の性を描いたコミック等を規制しようとしていること。(コミックにおける登場人物は設定年齢よりも幼くみえたり、年齢不詳の場合も多く、当局の恣意的な判断によって、著作者や発行者への検閲や弾圧につながる怖れがある)
 2.現行の児童ポルノ法において、「児童ポルノとは何か」の定義が曖昧とされているにも拘わらず、それを踏襲しようとしていること。(国会において定義の見直し論議を行っている)
 3.児童ポルノの「単純所持」について規制しようとしているのは、権力の乱用につながりかねない。(国も論議中で未だ規定していない)
 以上の理由から、当協議会は論議不十分で周知されていないこの条例改正案に対し、反対の立場を表明するものである。
  構成団体(社)日本雑誌協会(社)日本書籍出版協会 
(社)日本出版取次協会 日本書店商業組合連合会

都青少年育成条例の分かりやすい記事


漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案 (ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/09/news103.html

「法規制強化」だけで 違法/有害情報は減らせるか( IDGジャパン)
http://www.computerworld.jp/topics/law/176149.html

【表現規制反対!】東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案【問題多すぎ!】(弁護士山口貴士大いに語る)
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/03/post-b89f.html

「表現規制」と「おせっかいファシズム」の時代錯誤 (保坂展人のどこどこ日記)
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/c1b759d573ee20d87dfb3d531ae32eb0

都青年育成条例について

Japan Freedom of Expression Union Group(表現の自由を守る推進組織)さんより引用

東京都議会の条例改正によって影響がある
アニメ・漫画・ゲームの例

◆都議会の条例の内容とは…
<今までの都議会の条例>
青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

<これから改正して追加される予定の都議会の条例>
年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの(以下「非実在青少年」という。)を相手方とする又は非実在青少年による性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

・参考資料: 無名の一知財政策ウォッチャーの独言さんのHP

<都議が都議会に質問した抜粋>
『年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から
十八歳未満として表現されていると認識されるもの』これを『非実在青少年』というようでありますが、
青少年を描写した漫画やアニメの事を指すと思われます。

<都と都知事がそれに回答した抜粋>
今回の青少年健全育成条例改正案に関しては、
漫画等において明らかに青少年として表現されているものを『非実在青少年』と定義した上で、
その性交または性交類似行為にかかる姿態を正当な理由なく性的対象として肯定的に描写した漫画等について、
青少年に対する販売等の自主規制、不健全図書の対象に追加しようするものであります。
これはこのような漫画等を青少年が閲覧することにより、青少年の健全な性的判断能力の
形成を阻害するおそれがあることによるものであります。

・参考資料 slpolientさんの都議会の答弁まとめ

<これから東京都の企業と住民に課せられる予定の責務の抜粋> New!
(児童ポルノの根絶及び青少年性的視覚描写物のまん延抑止に向けた都民等の責務)
第十八条の六の四 何人も、児童ポルノをみだりに所持しない責務を有する。
3 都民は、青少年をみだりに性的対象として扱う風潮を助長すべきでないことについて理解を深め、青少年性的視覚描写物が青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害するおそれがあることに留意し、青少年が容易にこれを閲覧又は観覧することのないように努めるものとする。

・参考資料: 無名の一知財政策ウォッチャーの独言さんのHP


◆つまり、どういう風に変わるの?
(1)
要するに、今まではどれが良いか、悪いか、をストーリー全体で見て判断するとか、大目に見て判断していたので、なかなか不健全な図書に指定することは無かった。
これからは、「非実在青少年」と具体的に書くことで、該当する物は問答無用に一発でアウトにするよ、と言う意味ではないでしょうか。
つまり、今まではキスなどのエッチな場面があっても、結婚の前に恋をするのは当然で、その描写が無くなったらおかしいよね?ということが通ってたけど、これからはいきなり恋の描写を無しで結婚させてください、ということになるようだと筆者は感じました。
実際に外国の厳しい国はそういう規制があるようです。
ちなみに筆者は規制に大反対です!
(2)
この条例には「児童ポルノを単純所持しない責務」と「みだりに閲覧させない責務」が罰則無しで入っていますので、子供の頃の写真を持っていても大丈夫なのか、ホームページでエッチな自作絵の公開をしている人は気にした方が良いかもしれません。(特にホームページの運営サイトが東京に有る場合)
(3)
施行日が7月1日からになっていますので、夏コミは開催できるかが心配なところでもあります。

以上 Japan Freedom of Expression Union Group(表現の自由を守る推進組織)さんより引用


http://tokyo.cool.ne.jp/jfeug/siryou/togikai_eikyou.html