FC2ブログ

マンガ・アニメ・アート表現をまもる石川あくしょん準備室

マンガ・アニメ・アート表現を守る活動をします。 石川県を中心に、ネットだけでなくリアルの啓発活動もよていしています。

GW中にこれだけは

ゴールデンウィークですね
普段忙しい人も、少しでやっておくことができる最小限の活動を紹介します。

都条例意見提出先

民主党東京都連合
club@tokyo.dpj.or.jp

生活者ネット
http://www.seikatsusha.net/postmail/postmail.html

この二つです。
共産党は、はっきりと反対。自治市民も反対です。
自民、公明に対しては意見を言っても変わる可能性が少ないので、キャスティングボードの2党に意見を送りましょう。
余裕のある人は、各議員にも。東京都民の方は、地元選出議員には必須

また、児ポ法反対には、架空創作表現規制禁止の法制化を求める署名 に署名しましょう
http://www.shomei.tv/project-1025.html

Twitterをやっている人は、フォローも追加しておきましょう

藤本由香里 honeyhoney13
https://twitter.com/honeyhoney13

保坂展人 hosakanobuto
https://twitter.com/hosakanobuto

山口貴士 otakulawyer
https://twitter.com/otakulawyer

mixiでは、

東京都青少年育成条例改正案反対
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4884686
全員容疑者!児童ポルノ法案の罠
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3153651

などのコミュニティに入っておきましょう。

ブログやSNSをお持ちの方は、日記やリンクで情報啓発に取り組みましょう

それでは、すてきなゴールデンウィークを

おしらせ・「表現規制」と「表現・内心の自由」を考える

おしらせ・「表現規制」と「表現・内心の自由」を考える

児ポ法など表現規制に反対で活躍した、前衆院議員の保坂のぶとさんの講演のお知らせです。


保坂のぶと連続講演会(1)

「表現規制」と「表現・内心の自由」を考える

5月13日(木)18時30分~20時30分
札幌市民ホール2階(第2会議室)

 参加費500円(学生300円)
 問い合わせ ピースカフェ http://peacecafe.greenwebs.net

先日の集会「どうする、表現規制。民主主義の使い方」については↓
「非実在青少年」をめぐり藤本由香里さんと語る
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/32d71289e796c74f1ee718214517c17f

速報、大阪府の有害指定

大阪府のBL雑誌の「有害指定」がでました


http://www.pref.osaka.jp/koseishonen/jorei/220430.html

Young Love Comic aya(アヤ)5月号
絶対恋愛Sweet(スウィート)5月号
drap(ドラ)5月号
Boy’S LOVE4月号
BOY’S ピアス5月号
恋愛美人if[イフ]5月号
麗人5月号
Chara Selection[キャラセレクション]5月号
Daria(ダリア)6月号
ボーイズキャピ!’10春「花音5月号増刊」
JUNK!BOY(ジャンクボーイ)はるやすみ号



詳細の検証は今後ですが、「撤去」の自主規制をおこなった書店もあるとの情報も・・・

大阪がBL雑誌規制へ!!


マンガなどの表現規制に意欲を燃やす橋下知事の大阪府。
まずは、ボーイズラブ規制に動きました

報道によると、BL雑誌8誌を「有害指定」することがわかりました。
いままで、普通に売られていたマンガが、知事の裁量一つで「有害」となる事態

都条例が成立すれば同じように、突然に違法になるマンガが現れるでしょう。
権力の幅広い裁量の恐ろしさを感じます。

都条例、児ポ法の反対のためにも、大阪府に抗議の意思を示しましょう
大阪府への意見は、コチラ

ボーイズラブ雑誌、R18に 大阪府が「有害図書」指定(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0427/OSK201004260180.html

大阪府は26日、少年同士の恋愛を題材にした「ボーイズラブ(BL)」を扱った漫画が掲載された8雑誌を「有害図書」に指定し、18歳未満への販売や閲覧を禁止することを決めた。一般図書と区分した陳列も義務づける。・・・
・・・有害図書をめぐっては、東京都で、18歳未満と判断される登場人物の性描写を掲載した漫画やアニメを規制する条例改正案が3月、継続審議になった。大阪府の橋下徹知事はこの種の漫画などについても「規制する必要性があるか実態を把握する」と話している。

文化的創造物保護法の制定を求める署名のおしらせ

表現の自由を守る市民の集い  様から署名活動への協力要請がありましたのでお知らせします。

文化的創造物保護法の制定を求める署名from署名TV

http://www.shomei.tv/project-1510.html

日本には芸術的、文学的、文化的な価値のある創造物に対しても刑法175条(わいせつ物頒布罪)などの法的な表現規制が存在してきました。
 また、近年制定された児童ポルノ禁止法により、18才未満の児童を被写体としたものついては芸術作品までが新しく作成することも、過去に発表された作品を流通させることもできなくなってしまいました。
 こう言った表現規制は日本の芸術、文化の発展を阻害する足枷となっており、私たちが芸術、文化を享受する事も大きく制限しています。
 さらに、今日に至っては児童ポルノ禁止法改正案のような日本の芸術、文化に対して致命的な打撃を与える事になる法の制定までが検討されており、日本と言う国が何十年、何百年とかけて培ってきた芸術、文化は崩壊の危機に瀕しています。

 芸術、文学、文化に対する不要な表現規制を撤廃し、この先も未来永劫、日本の芸術、文学、文化を守り続けて行くためには、芸術および文学、文化的な価値のある創造物の保護を目的とした法律「文化的創造物保護法」の制定を行う必要があります。
 文化的創造物保護法の概要は下記のようになります。

 1.法的な表現規制を特別に免除され、行政による干渉も受けない創造物の聖域を設ける。
 2.芸術的、文学的、文化的な価値のある創造物は聖域の中にあるものとする。
 3.「芸術的、文学的、文化的な価値のある創造物」の明確な定義は行わない。
 4.芸術的、文学的、文化的な価値のある創造物に該当しない創造物の扱いについては文化的創造物保護法は一切言及しない。
 5.文化的創造物保護法による創造物の保護は創造物の作成・発表を規制した法律に優先する。
 6.行政による創造物に対する干渉を禁止する。
 7.創造物に対する差別・妨害を禁止する。
 8.訴訟支援制度を導入する。


なお、この法案は直接にマンガ・アニメを都条例や児ポ法から守る趣旨のものではありません。
しかし、表現をワイセツの名のもとに規制することへの反対ということで協力していけたらと思います。

架空創作表現規制禁止の法制化を求める署名はこちら
http://www.shomei.tv/project-1025.html

前のページ 次のページ